サウンド クルー スタジオ - サイトポリシー|株式会社サウンドクルー

クルー スタジオ サウンド SOUND CRUE

クルー スタジオ サウンド 事例:SOUND CREW

サウンド クルー スタジオ

クルー スタジオ サウンド リハーサルスタジオ1|サウンドクルースタジオ

クルー スタジオ サウンド リハーサルスタジオ1|サウンドクルースタジオ

クルー スタジオ サウンド 音楽スタジオ.COM|東京都大田区のスタジオ サウンドクルースタジオ

クルー スタジオ サウンド ROCK ON

クルー スタジオ サウンド 音楽スタジオ.COM|東京都大田区のスタジオ サウンドクルースタジオ

クルー スタジオ サウンド サウンド クルー

SOUND CRUE web

クルー スタジオ サウンド 事例:SOUND CREW

音楽スタジオ.COM|東京都大田区のスタジオ サウンドクルースタジオ

クルー スタジオ サウンド SOUND CRUE

DAWモードとアナログのモードとを瞬時に切り替えてフレキシブルに使うことが出来る点が他にはない一番のところだと思います。

  • 8つのトラックバスもいいと思います。

  • もちろん音質も良いと思います。

  • 音楽制作におけるほぼ全てに対応できるようになっています。

ですのでレンタル業務とスタジオ業務がうまく重なっているところがあります。

  • 当日の楽器追加受付は機材管理部営業時間内(10:30〜18:30)とさせて頂きます。

  • 元々、スタジオの考えとして大きな卓で録るというよりも個々のHAを拘ったり、出音に対して特に気をつけるなど、いわゆるコンソールにズラーッと立ち上げるような型ではなかったんです。

  • 皆様には大変ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

Sound Crewの一番のメインは楽器レンタルと、機材のお預かり管理なんです。

  • バンド系から歌モノと、4つのスタジオを用途に合わせて利用して頂いています。

  • Mix Room 最近は内部ミックスで終わらせてしまう方が主になったり、大型コンソールをフルで使うことが減ってきたりと、流れ自体が変化してきていると思います。

  • そういった幾つかの理由が有り、AWSに決めました。

その中で、リズムが録れる大きさの部屋があったのでAWSの部屋と同じような環境を作ろうと思ったのがきっかけですね。

  • DAW側のプラグインのパラメーターの調整も、フェーダーやV POTで行えるので、今後どんどん使っていきたいですね。

  • もちろん、DAWの進化で時間の短縮や便宜性は大幅に改善されましたが、一つ一つの重要性やサウンド・クオリティーの向上など常に大事な課題のようなものが変わらない以上は、AWSの立ち位置は今も以前も同じままですね。

  • SoundCity サウンド・シティ|オーディオ・ビデオの総合ポストプロダクション 🎇 2019. サイズ的にも24chというところもいいですね、以前はProControlだったので8chでしたので。

そういったサウンドメイキングの中においてもAWSやMatrixはやはり必要だと考えています。

  • 実際のところ、細かな機能は使いきれていないです。

  • 2019. Matrixはラインミキサーなので、外部のHAに入れてからチャンネルに立ち上げ、RECバスからPro Toolsへ送っています。

  • レコーディングに関してはもちろん機材を持ち込んで利用できますが、持ってこない方も多いんです。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・• スタジオ設計には、イギリスにあるアビーロード・スタジオの設計者として名高い豊島政実氏に設計施工をお願いし、プロツールスを中心としたレコーディングスタジオとゲネプロができる50帖のリハーサルスタジオに長時間仕事をしてもリラックスできる空間をデザインしました。

  • 十分、今の環境でできていますから。

  • そういった幾つかの理由が有り、AWSに決めました。

  • ここでもしっかりアナログの回路を通るので、質感は得られます。




2021 mtlsb.jp