風 立ち ぬ 歌詞 - 風立ちぬ 歌詞「松田聖子」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

立ち ぬ 歌詞 風 『風立ちぬ』を深く読み解く「10」のこと!

立ち ぬ 歌詞 風 堀辰雄 風立ちぬ

立ち ぬ 歌詞 風 大滝詠一 風立ちぬ

松田聖子 風立ちぬ 歌詞

立ち ぬ 歌詞 風 風立ちぬ 松田聖子

『風立ちぬ』を深く読み解く「10」のこと!

立ち ぬ 歌詞 風 松田聖子 風立ちぬ

風立ちぬ 中村中 歌詞情報

立ち ぬ 歌詞 風 風立ちぬ 大滝詠一

立ち ぬ 歌詞 風 中村中 風立ちぬ

立ち ぬ 歌詞 風 『風立ちぬ』を深く読み解く「10」のこと!

風立ちぬ 大滝詠一 歌詞情報

立ち ぬ 歌詞 風 風に立つ 坂本冬美

大滝詠一 風立ちぬ 歌詞

立ち ぬ 歌詞 風 ジブリと鬼太郎、『風立ちぬ』に込めたメッセージ

風がときどき戸をばたつかせた。

  • 突然、私の頭の中にこんな考えが 閃 ( ひらめ )いた。

  • 菌類の湿っぽい匂いが落葉の匂いに入りまじっていた。

  • あの時には殆んどいつも入道雲に遮られていた地平線のあたりには、今は、何処か知らない、遠くの山脈までが、真っ白な穂先をなびかせた薄の上を分けながら、その 輪廓 ( りんかく )を一つ一つくっきりと見せていた。

駅の前に待たせてあった、古い、小さな自動車のところまで、私は節子を腕で支えるようにして行った。

  • はじめのうちは二人はその度毎に目と目で 微笑 ( ほほえ )みあったが、しまいにはただ不安そうに互を見合ったきり、すぐ二人とも目をそらせた。

  • 私はホテルの窓がまだ二つ三つあかりを洩らしているのをぼんやりと見つめていた。

  • 風のない日は、私達は終日、雨が屋根づたいにバルコンの上に落ちるのを聞いていた。

雪でも降るのかな」 「こんな四月になっても雪なんか降るの?」 「うん、この辺は降らないともかぎらないのだ」 まだ三時頃だというのにもうすっかり薄暗くなった窓の外へ目を注いだ。

  • 「あら、お父様がいらっしゃるんですって」 旅行中の父は、その帰途を利用して近いうちにサナトリウムへ立ち寄るということを書いて寄こしたのだった。

  • 私を顧みなくていい、振り向かず前を向いていて欲しいという一途な気持ちは、彼に惚れ込んでいるからこそ。

  • 松田聖子さん『風立ちぬ』の歌詞 カゼタチヌ words by マツモトタカシ music by オオタキエイイチ Performed by マツダセイコ. 私達はそうしたまままんじりともしないでその夜を明かした。

葉のだいぶ少くなった木々は、その間から、人けの絶えた別荘のテラスをずっと前方にのり出させていた。

  • ……私、あのときね、それを思い出したの。

  • そんな場合のいつものように、彼女のいまの声もすこし 嗄 ( しゃが )れていた。

  • 私はそれに近寄って、殆ど私の顔が彼女の足のさきにくっつきそうになるように 屈 ( かが )み 込 ( こ )んで、その帽子を拾い上げると、今度は自分の手で、さっき彼女がそうしていたように、それをおもちゃにし出していた。

……おかしなお父様でしょう?」 「これ、お父様のお見立てなの? 本当に好いお父様じゃないか。

  • 私は彼女の方には背中を向けたまま、いかにも何か他のことでも考えていたような、取ってつけたような調子で、 「お前のことだの、山のことだの、それからそこで僕達の暮らそうとしている生活のことだのを、考えているのさ……」と途切れ途切れに言い出した。

  • 其処は、その夏の日々、お前が絵を描いているのを眺めながら、私がいつも今のように身を横たえていたところだった。

  • それは私の知らない馴染みの人々や事柄に関するものが多かった。

乙女心としては、好きな人にはずっと見ていて欲しいもの。

  • 生墻 ( いけがき )に沿うて、いろんな外国種のも混じって、どれがどれだか見分けられないくらいに枝と枝を交わしながら、ごちゃごちゃに茂っている植込みの方へ近づいてゆくと、それらの茂みの上には、あちらにもこちらにも白や黄や淡紫の小さな 莟 ( つぼみ )がもう今にも咲き出しそうになっていた。

  • それから二三日した或る夕方、私は食堂で、お前がお前を迎えに来た父と食事を共にしているのを見出した。

  • 実在の人物である堀越次郎をモデルに彼の半生を描いた作品は、堀辰雄の同名小説からの着想を盛り込んだ内容で知られている。




2021 mtlsb.jp