創価学会 被害者 - 創価学会は怖い?怖すぎる実体験や嫌がらせ、集団ストーカーもまとめ

被害者 創価学会 自殺者・ショック死・破産相次ぎ地獄絵図。 被害者4万人!!

創価学会「包囲網」再編か、立正佼成会が生長の家に急接近【危機(9)天敵復活?】

被害者 創価学会 創価学会は、学会員警察官とグルになって事故や事件を作る巨悪な集団

創価学会「包囲網」再編か、立正佼成会が生長の家に急接近【危機(9)天敵復活?】

被害者 創価学会 ■ 集団ストーカー被害者の会諸派、2018年2月活動予定。

被害者 創価学会 創価学会は、学会員警察官とグルになって事故や事件を作る巨悪な集団

被害者 創価学会 退会しても「統監票」に一生残る

退会しても「統監票」に一生残る

被害者 創価学会 退会しても「統監票」に一生残る

創価学会は怖い?怖すぎる実体験や嫌がらせ、集団ストーカーもまとめ

被害者 創価学会 自殺者・ショック死・破産相次ぎ地獄絵図。 被害者4万人!!

創価学会は、学会員警察官とグルになって事故や事件を作る巨悪な集団

被害者 創価学会 被害者団体の思い出: 創価学会の集団ストーカー

被害者団体の思い出: 創価学会の集団ストーカー

被害者 創価学会 創価学会は、学会員警察官とグルになって事故や事件を作る巨悪な集団

被害者 創価学会 創価学会は、学会員警察官とグルになって事故や事件を作る巨悪な集団

元名誉会長は直前に同様の事業を行う業者を破綻させたばかりだった。

  • しかし、警視庁の調べでは、「八葉」は、事実上、商品の販路を持たず、商品も通常の市価の数倍という高値だったため、ほとんど販売がなされておらず、会員から集めた金を別の会員への配当に当てるなど、破綻(はたん)は時間の問題だった。

  • 皆様と共に感動を共有出来ます企業であり続けます事をお約束致します。

  • 小さな子持ちの主婦が週2日は丸1日学会活動で潰れるなんて話は創価学会の婦人部からすれば、何ら不思議はないようです。

普通ならば、こんな恥ずかしい事は出来ないだろう。

  • 話は変わるが、ネットで見る川崎正典さんは本当の被害者の様である。

  • 実は893と繋がりを持っているのではないか?ということです。

  • 信濃町にある創価学会本部でサイレントアピールをするなど現在も熱心に抗議活動をしています。

これが、「マルチ商法」を指摘され危機が迫ってくると、さらに創価学会同様の論理が声高に展開される。

  • 「もちろん、八葉新聞にはすかさず言論戦の火蓋(ひぶた)を切っていただきたいと思っています。

  • 報復を恐れているとしたら、何故、既に被害に遭っているのに、何を恐れているのだと思う。

  • 私も被害が酷かった最中で(酷い時期と、そうではない時期がある)、「創価学会に酷い目に遭っている」と力説した。

特に、地域の繋がりが密な創価学会の会員は結束力があるため、結果として集団ストーカーだと言われるようなネタ(境界線の判断が問われる)があっても 不思議ではないでしょう。

  • 10月27日に「クローバーコイン」は「完全に上がる」「買わないと損する」などと言って連鎖販売取引(マルチ商法)を行ったことは、(1)氏名等不明示(2)不実告知(3)概要書面不交付の3点で特定商取引法違反にあたるとして、消費者庁から3か月間の一部取引停止を命じられた[2][5]。

  • ・無言電話 1087人。

  • 2002年11月当時は豊田商事事件に次ぐ規模の詐欺事件として知られていた。

警察官の中に創価がいるから、こんなことになるわけです。

  • 」 (『八葉新聞』第十四号・平成十三年十二月一日付) 創価学会同様、世間があきらめ、関心を示さなくなるまで、持ち堪(こた)えるために「資金」を調達しろ、というのである。

  • 捜査によって、八葉グループは商品販売の実態がほとんどなく、大半をそのまま配当に回す自転車操業だったことが判明した。

  • さらに、新たに出資会員を勧誘すると、紹介料や、新規加入会員が販売委託した商品の売り上げの一部も支払う、という約束までしていたという。

潰されてしまったら、正義が邪道になります。

  • 一人でも多くの方が真実を知り、周りで起こる事件や事故の真実を知り、悪魔崇拝者からの洗脳から解放されて、救われますことを心よりお祈り申し上げます。

  • 今、考えるとしゃべり過ぎの感があったが、「創価学会」の単語を出した途端、司会者の表情に緊張が走っていたのが分かった。

  • これは、「壮年部」、「婦人部」、「男子部」、「女子部」の4つの部のことをさしている。

騒音おばさんは約2年半の間、大音量の音楽をラジカセで流し、大声で「引っ越し!引っ越し!」と叫びながらベランダに干した布団をふとん叩きで猛打するなどの方法で騒音を出し、それによって隣人夫婦を目眩や頭痛などの症状に追い込んで通院させました。

  • かと言って、素直に創価学会員の話だけ聞いておけば良いという話でもありません。

  • 確かに学会は怖すぎる。

  • そこに批判のタネが生まれる訳ですが、これは禅問答のようなもので答えを見つけるのは骨が折れます。




2021 mtlsb.jp