メカニカル シール - 【A

シール メカニカル メカニカルシール取付事例

シール メカニカル メカニカルシールとは

シール メカニカル 株式会社ソマックッシール

シール メカニカル 不思議その1|メカニカルシールの説明をわかりやすくご説明させて頂きます

シール メカニカル 【A

メカニカルシールの基本構造とシールの原理

シール メカニカル メカニカルシールとは

メカニカルシール取付事例

シール メカニカル 【A

シール メカニカル 不思議その1|メカニカルシールの説明をわかりやすくご説明させて頂きます

メカニカルシールとは

シール メカニカル メカニカルシール取付事例

シール メカニカル メカニカルシール取付事例

また、各種検査に力をいれるのもソマックの特徴の一つ。

  • どちらか一方の環は,弾性部材のばね作用と密封流体の圧力を利用して軸方向に作動します。

  • ひとくちにメカニカルシールといっても、多種多様。

  • 操業時にポンプ立上げに時間がかかり困っていた。

二次シールは,密封環に装着され,固定環とメカハウジング,回転環と回転軸との間の密封を行います。

  • さらに、摺動面は回転しますから全周均一な状態で接触できる精度が必要であり、内部流体の圧力変化にも対応が不可欠など、メカニカルシールが安定した性能を示すためにはさまざまなハードルをクリアしなければなりません。

  • 攪拌機型式:内製• ダブル形は有毒液や摺動面で固化してしまう液を扱う場合、あるいは高真空でシール部より空気を吸い込む恐れのある場合など特殊な用途に使用されます。

  • 一般にアンバランス形は低圧用、バランス形は高圧用に用いられます。

攪拌機型式:RT-150• コイルスプリング,ベローズなどが代表的なものです。

  • 極めて多い。

  • 装置の内部から外部へのの漏れや,外部から機械装置内部へ有害な流体,固形異物などが侵入するのを防止する。

  • お客様に「技術」と「安心」をお届けしています。

メカニカルシールでは、回転する摺動環と固定された摺動環が接触しながら回転するしくみですから、その接触のしかたがポイント。

  • メカニカルシール式 事例5:両吸込み渦巻きポンプ グランドパッキン式をメカニカルシール式に変更 横浜市 自動車製造会社 E社様 設備仕様•。

  • 外注などに時間をとられる事がないので、スピード納品が可能なのです。

  • シール性に 欠ける場合は当社独自のシール取付法で解決します。

そこでソマックは、必要な部品だけを修理することで、コストの削減をはかりました。

  • 下部スタッフィングボックス• シール取付部• 鍛造工場のために冷却水には鉄粉が混入している=軸スリーブの摩耗を促進する。

  • ガス漏れ無し、以後3ケ月毎定期のグリース補給を条件にメンテナンスフリー。

  • 流体はスラリー液で大気に触れると結晶する液質である。

改善後の結果 全ての問題が解消され、以後メンテナンスフリーとなった。

  • 価格 イニシャルコストは高いが、ランニングコストがあまりかからないため、結果的には安価。

  • メカニカルシール(内装型)は半年毎に漏れを繰り返していました。

  • メンテナンスの改善案件として、シール漏洩の度に行っている分解整備の解消とその起因であるシールのライフ延長が求められていました。

構造断面図• 摩擦抵抗 摺動面積が小さいため、摩擦抵抗は小さい。

  • ポンプ:両吸込み渦巻きポンプ 改善前の問題点• ソマックはほぼ全ての工程を自社工場で行っています。

  • マニュアル通りにいかないケースにも、ソマックなら経験と実績で柔軟に対応します。

  • 設計および材料のにより広く対応ができるので,各種回転機器に苛酷条件を含め非常に広く使用されている。

取り扱い 精密機械部品となるため、取扱いには注意が必要。

  • 主軸の振れ 改善後の結果 液漏れが無くシール性向上。

  • これに対してダブル形とタンデム形は、どちらもメカニカルシール2個を組み合わせて用いる方式です。

  • ベアリングの発熱• 駆動軸 事例3:攪拌機 静止型メカニカルシールに変更 富士市 製紙工場/小田原市 化学工場 C社様 設備仕様• グランドパッキン式• シール取付のポイント シール取付面の処置・・・面精度はケーシングのノックピンで決まる。




2021 mtlsb.jp