五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川 - 五月雨をあつめて早し最上川 :学習塾塾長 小田原漂情 [マイベストプロ東京]

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 【五月雨を集めてはやし最上川】俳句の季語や意味・表現技法・作者など徹底解説!!

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 「五月雨をあつめて早し最上川」の鑑賞文をお願いします!

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 五月雨をあつめて早し最上川,って凄い!意味や季語についても

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 五月雨をあつめて早し最上川,って凄い!意味や季語についても

「五月雨を集めて早し最上川」(芭蕉) :: 同志社女子大学

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 五月雨をあつめて早し最上川

俳文「おくのほそ道 より 最上川」松尾芭蕉

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 「五月雨をあつめて早し最上川」の鑑賞文をお願いします!

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 五月雨をあつめて早し最上川

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 俳文「おくのほそ道 より

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 五月雨を あつめて早し

上川 早 し を 五月雨 て あつめ 最 「五月雨をあつめて早し最上川」の鑑賞文をお願いします!

「五月雨を集めて早し最上川」(芭蕉) :: 同志社女子大学

最上川の源流は陸奥であり、上流は山形である。

  • ですので、この句単体でを読んでの鑑賞になると、どうしても主題を最上川において、それが雨によって更に存在感や豪快な川として形容する鑑賞表現になってきますね。

  • この時に「五月雨をあつめて涼し最上川」と詠んだそうです。

  • 梅雨時の 雨降りのあとの最上川の水かさはとても多く、流れもとても速かったようです。

そして最終的に芭蕉は、この形をよしとしたようです。

  • 「一声」だから、それをぺーと鳴らす、そういう侘しい感じ。

  • 芭蕉は最初「涼し」と詠んだのです。

  • 初案は「あつめて涼し」。

なので、 これは夏の季語ということになるんです。

  • 「学校で『速い』と教わったよ」とか。

  • 氾濫が発生した一箇所に大石田町が含まれていました。

  • その川の流れの激しさ、早さから、「涼し」を「早し」に置き換えたのです。

このたびの風流、爰(ここ)に至れり。

  • もともと最上川を詠じた歌はそんなに多くありませんが、その中で兼好法師の詠んだ、 最上川はやくぞ増さる雨雲ののぼればくだる五月雨のころ(兼好法師家集) は「五月雨」が読み込まれている点が共通しています。

  • 梅雨の末期と思われる前線が東北地方で暴れています。

  • 三重県の伊賀という地域に生まれ、武士の一族の出身だったとも農民の生まれだとも言われていますが、幼年期のことはよくわかっていません。

この二つの句には、 芭蕉と蕪村の資質の違いがとっても出ています。

  • 1,080• 意味は「暑い 7月に、梅雨を集めたような最上川から吹いてくる風が涼しいことだ」というもので、とても優雅で風流な句でした。

  • 最上川逆白波のたつまでにふぶくゆふべとなりにけるかも こちらは、「吹雪く」冬の歌ですから、季節は異なりますが、やはり最上川の激しさ、力強さを感じさせます。

  • そのことは『奥の細道』にも、「水みなぎって、舟あやふし」と記されています。

「おくのほそ道」という本に「水みなぎって舟危ふし」と書いて あります。

  • わー、なにやってんだって話じゃないですか。

  • 観賞文は、どのように自身がその風景や状況に溶け込むかが学習のポイントですね。

  • 最上川を訪れた際に詠んだ句はこのようなものでした。

舟に稲を積んで運んだ。

  • この経験を経て、おそらくですが、 「風が涼しい~なんて、そんな悠長な川ではない! なんという流れの早さだッ!」 というような、感情の変化があったのでしょうね。

  • もともとは「五月雨をあつめて涼し最上川」という句であったが、のちに「早し」に変更された• でもこれは松尾芭蕉が漢字に弱かったとかではなくて、 実は「早い」もスピードをあらわすときに使えるのです。

  • 5キロ上流。

このたびの風流爰に至れり。

  • 人づてのままに書いたもの。

  • 有名な白糸の滝は青葉の間間に流れ落ちており、義経の家臣、常陸坊海尊をまつった仙人堂が岸のきわに建っている。

  • 木々の合間に鳥のさえずりを聴くということです。




2021 mtlsb.jp