デルフ リンガー - 『閃の軌跡III』特別装甲列車“デアフリンガー号”を紹介。大陸各地で行われる“演習”の情報も

リンガー デルフ 【モンハンライズ】「デルフ=ダオラ」の性能と派生一覧

リンガー デルフ デルフクリーム コルテPHIエッセンスクリーム

GUNSLINGER GIRL

リンガー デルフ デアフリンガー (巡洋戦艦)

デアフリンガー (巡洋戦艦)

リンガー デルフ ドイツ海軍、巡洋戦艦デアフリンガー

リンガー デルフ デアフリンガー (巡洋戦艦)

リンガー デルフ デルフクリーム コルテPHIエッセンスクリーム

デアフリンガー級巡洋戦艦

リンガー デルフ 【モンハンライズ】「デルフ=ダオラ」の性能と派生一覧

ドイツ海軍、巡洋戦艦デアフリンガー

リンガー デルフ 『英雄伝説 閃の軌跡III』

GUNSLINGER GIRL

リンガー デルフ デアフリンガー級巡洋戦艦

リンガー デルフ デアフリンガー級巡洋戦艦

徴兵されていた経験を持つ。

  • 高い装甲性能を備えた全6車両からなり、導力機関車となっている1号車、ブリーフィング&教官用客室の2号車、食堂・ラウンジ用の3号車、生徒用客室の4号車に加え、後方の5~6号車は機甲兵を数機格納できる大型の貨物車となっています。

  • クリップ45口径88mm砲 (艦首甲板楼側面に配置された対水雷艇用の45口径88mm砲2門) デアフリンガーにはクリップ45口径88mm砲が計12門搭載されています、内4門は対水雷艇用として艦首甲板楼側面に2門づつの配置(計4門の配置)、残りの8門は高射砲で甲板楼上部に配置されています。

  • 6m 機関 ギヤードタービン18缶2基 4軸推進、63,000hp 最大速 26. 殺し屋になるなら情を捨てることを教えた。

時折ラシェルのことを夢に見て「お母さん」と呼んでいる。

  • の警察官として勤務しており、フランカことカテリーナにパトリツィアを紹介され恋人となる。

  • 20歳無職の時分にロッサーナに見出された直弟子で、スパイ養成所を経て公安部公安1課に所属。

  • それが原因で両親の仲は悪化し、身寄りが居なくなったため公社に引き取られる。

久々の家族そろってのバカンスを心から喜んでおり、その移動の車中、今までのソフィアに対する冷たい態度や無礼な振る舞いを謝ろうとした瞬間、クローチェ事件に巻き込まれ死亡。

  • また、ジャンの軍人への志望理由である「国民を守る」という意志を受け、退官することで自分も「守られるべき国民になる」というのも理由の一つであった。

  • 愛称はエッタ。

  • 「クローチェ事件」の共犯者に関連する裁判を担当していた検事が五共和国派に暗殺されたことにより、その後を引き継いだ。

イタリアでは本来「リコ」という名前は男性名である。

  • 副砲45口径15cm砲 (左舷甲板楼側面に配置された45口径15cm砲6門) 副砲は前級より引続き45口径15cm砲を採用、これを甲板楼片弦側側面に6門づつの計12門放射状に配置しています、砲数も配置位置も前級と同じです。

  • のボリショイ・バレエ学校の6年生で、一流のバレリーナを志していた出身の16歳のロシア人少女。

  • 作戦2課と合同の現場調査で課員が安易にイルマの死体を動かしてしまい起爆したが、ヘンリエッタの対応で被害は最小限に食い止められた。

当初はクラエスに対し突き放した接し方をしていた。

  • 3032年、ベラ国攻防戦にてハイファ・ブリンガーを駆り、キュキィ、ステートバルロ、アイシャらと共に介入し、バッハトマ騎士のツラック隊支隊長への奇襲を阻止する。

  • 義体化により11歳の誕生日に動く身体を手に入れた。

  • その死体はを隠すために使われる。

トリエラ自身が意識してなかった頃からトリエラにヒルシャーに対する好意があるのを見抜き、トリエラを応援している。

  • 公安の中では個性を持たない「 機械(マッキナ)」と呼ばれ、同僚からも距離を置かれていた。

  • そのときに偶然に写っていたラウーロの写真がエルザ唯一の私物で宝物となった。

  • 死後は彼女自身の意志なのかは不明だが、ジャンやジョゼの周りに幻影として出没している。

失業して酒浸りの日々を送っている父親に代わって家計を支えている。

  • 生真面目な性格で、過度の条件付けにも反対しているが、これもまたトリエラとの関係を複雑にしてしまっている。

  • 正気に戻ったヘンリエッタがエルザ・ラウーロ組と同じ結末を望んでいることを悟り、思いを受け入れる。

  • また肉体が人工物となっていることから死亡の判断は脳死のみとなっている。

アンジェリカには「愛の」と自己紹介していた。

  • しかし、美少女本人や、周囲の人々の様々な思いや信念を丹念に描いたり、現代のが抱えるをフィクションを取り混ぜつつも深く扱うことによって、ストーリーに奥行きがもたらされている。

  • 最後の戦いの前のナポリでの逢瀬の際、ヒルシャーから避難を勧められ空軍基地に向かうが、その途中トリエラとヒルシャーの関係、そして公社の秘密を記した手紙と鍵に気付く。

  • 過去に右翼でも左翼でも活動していたことから、当局は者とみているが、アレッサンドロは彼の行動は闘争に対する才能の自己顕示の行動だと見ている。




2021 mtlsb.jp