日刊 バーチャル - バーチャル・エンジニアリング 機械設計、標準化、製造業 機械

バーチャル 日刊 [B!] 日刊バーチャル

バーチャル 日刊 ただのまとめサイトにするな!バーチャル展示会たちの奮闘|ニュースイッチ by

バーチャル 日刊 普及なるか「完全バーチャル株主総会」、課題は株主のIT環境と質問権|ニュースイッチ by

バーチャル 日刊 バーチャル・エンジニアリング 機械設計、標準化、製造業

バーチャル 日刊 普及なるか「完全バーチャル株主総会」、課題は株主のIT環境と質問権|ニュースイッチ by

バーチャル 日刊 [B!] 日刊バーチャル

普及なるか「完全バーチャル株主総会」、課題は株主のIT環境と質問権|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

バーチャル 日刊 普及なるか「完全バーチャル株主総会」、課題は株主のIT環境と質問権|ニュースイッチ by

バーチャル 日刊 日刊 バーチャル

バーチャル 日刊 普及なるか「完全バーチャル株主総会」、課題は株主のIT環境と質問権|ニュースイッチ by

ただのまとめサイトにするな!バーチャル展示会たちの奮闘|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

バーチャル 日刊 ただのまとめサイトにするな!バーチャル展示会たちの奮闘|ニュースイッチ by

日刊 バーチャル

横浜国立大学工学部機械工学科卒業後、1979年㈱本田技術研究所入社。

  • 来場者を集めるのに苦戦した。

  • 展示会の主役はたくさんの中小企業。

いったい、どんな内容なのか。

  • 日本では3Dモデルの流通やデジタルビジネスの遅れを生じており、それらが普及の進んでいない理由と思われる。

  • そこで感じたことは、世界の製造業・教育機関との大きなギャップであった。

  • 現時点で完全バーチャル型総会を実施する企業が登場するかは不明だが、意欲を示す企業も存在する。

政府は開催中の通常国会に、株主総会を完全バーチャルで実施する特例を認める法改正案を提出した。

  • 二〇一七年六月 内田 孝尚. フルCGで展示会場を作れば、来場者は会場を回遊してさまざまなブースの前を通る。

  • そのまま常設コンテンツとして日常的に使うデジタル資産の側面を強めている。

  • (うちだ たかなお) 神奈川県横浜市出身。

中小企業に目が向く仕組みにしなければ展示会を成さない」と断言する。

  • 経産省は法改正にあわせて省令で確認すべき内容を定める方針。

  • そして何より、本書の執筆を決意する理由を与えてくれた、数多くの講演会参加者の諸氏に感謝を申し上げたい。

  • コロナ禍の緊急対応というだけでなく、株主との対話を充実させる手段として、ネット活用を進めたい。

連載・日常に溶け込む展示会 バーチャルで加速 (上)ただのまとめサイトにするな!バーチャル展示会たちの奮闘(10月17日公開) (下)バーチャル展示会が長期化、隙間時間の争奪戦が始まる(10月18日公開) 日刊工業新聞2020年10月13日. 【ショールーム化】 クロスウェーバー(東京都港区)もリアルからバーチャルに進出した。

  • 筆者はその後、二〇〇九年より、本格的にバーチャルエンジニアリングの技術調査を開始し、二〇一三年からはその状況を伝えるために技術者・学者を対象に産学連携講演会やワークショップを多数企画した。

  • チャットボット(自動応答ソフト)や名刺交換、ビデオ会議予約など、オンラインのコミュニケーション機能を詰め込んだ。

  • その感謝も含め、本書が多くの読者にとってものづくりの新しい世界を考え、行動するきっかけとなれば、筆者として望外の幸せである。

/デジタルデバイド日本/設計側での詳細仕様の決定は、製造側の自由度を奪うのか?/高い製造能力を前提とした日本の設計力 二・二 ものづくりを設計側にシフトするにはどうしたらよいか 設計側で機能・製造を考慮した仕様を決定する/「暗黙知」を「形式知」へ/必要なのは脱・デジタルデバイド column 世界中の自動車メーカーが集うデジタル開発国際会議 第三章 まずはバーチャルエンジニアリングの全体像を把握する 三・一 バーチャルエンジニアリングは、どのような全体像なのか CADとCAEを同一環境で扱う、それが基点になる/CAD・CAM・CAEと属性情報が一体連携/CAD・CAM・CAE・属性情報に制御データが連携/バーチャルテスト(VT)とCAEの違いは?/バーチャルマニュファクチャリングも存在/バーチャルリアリティ(VR)は? 三・二 バーチャルエンジニアリングのポテンシャル 壮大なスリアワセ環境/スリアワセの効果を知っているのは日本?/すでに身近にあるバーチャルエンジニアリング技術 三・三 バーチャルテストを用いた認証制度が法規化 すでに欧州では、リアルテスト無し、VRデータのみが実現/VT認証ロードマップの意味するところ/技術、ルール、マネージメントを統括した動き/欧州のシナリオ column 3Dデータの標準化 第四章 すべては3D図面が起点となる 四・一 3D図面ルールの歴史 2D図にはルールがある/最初の3D図面ルールは日本が進めた「フェーズ1(Phase1)」/加工機に図面を直接読み取らせるためのルール「フェーズ2(Phase2)」 四・二 3D図面の属性情報を用いた新しいものづくりの例 もう一度、図面の役割を見直す/製造情報が図面に入るとどうなる?/製造品質を決める3D図面/図面がコントロールする形状・機能・製造 column タフでなければつとまらない 第五章 バーチャルエンジニアリングがもたらす製造業の大変革 五・一 設計の役割と範囲は大きく変化している 企画、設計、機能、製造、営業、品質、認証が同期、一体化/開発をV字フローで説明 五・二 すべてが開発のV字フロー左側だけで済んでしまう バーチャルで検討と検証 五・三 制御設計と検証が設計段階で終了 制御設計等のソフトウェア開発比率が増大/ミルズ、シルズ、ヒルズって何だ?/時代の流れとシミュレーション環境の役割変化/ヴィルスの登場 五・四 物ができ上がる前に全ての仕様が決まる 制御設計と機構設計/検証品質が向上/設計の場にバーチャルで集合 column 鋳物の中子を3Dプリンタで製造 第六章 開発変革とビジネスモデルの変革 六・一 バーチャルエンジニアリングのためのインフラづくり シーンベース開発のための準備/欧州のすべての道路の路面情報は、ミリ単位で測定、3Dマップ化されている/要求シーンへの気付きこそがものづくりの原点だ/リアルをバーチャルに引き入れる 六・二 ものづくりのビジネスモデルは変貌 様々な立場の人間が関与することでシーンモデル自体も成長する/どうすればサプライヤの力を引き出せるか/シーンベース開発がコラボレーションの新たな扉をひらく/完成車メーカーとサプライヤそれぞれの役割を再編する/大切なのは、品質でも、コストでもない! column アニメの世界もバーチャル 第七章 魅力価値の創造とバーチャルエンジニアリング 七・一 製品に求める振る舞い(シーン)と実現のためのコンセプト バーチャルエンジニアリングは効率化の手段ではない/文殊の知恵を生み出す場を作る/使い手の要求を仕様に落とし込む/欲求の明確化と要求仕様 七・二 匠の技術は、バーチャル環境下でこそ活きる column VT(バーチャルテスト)と認証制度 第八章 スリアワセはバーチャルエンジニアリングで生まれ変わる 八・一 バーチャルエンジニアリングは、欧州製造業の基本戦略 バーチャルエンジニアリングは二〇〇五年には確立済! 従来は顧客先に出向いて、会議室などでデモ機や製品パネルを並べて説明するほか、セミナーなども開いていたが、コロナ禍で2月から中断を余儀なくされた。

  • 新たな時代ではデータ品質とプロセス品質が重要な品質評価項目となり、その考え方の構築と普及が今後の品質基準を示す展開となりそうである。

  • 展示ブースのコンピューターグラフィックス(CG)パースなどを手がけていたデザイン会社が、バーチャルな展示会を作ろうとサービスを投入している。

  • 第二章 日本の製造業は周回遅れを取り戻せるか 二・一 日本の製造業が優位でいられないこれだけの理由… F1エンジンの設計とテスト/製造現場、テスト現場の能力に頼っている日本の製造業/現場は優秀! では何がまずいのか! 【商材探しの場に】 例えば、家具屋のバーチャルショールームの場合、リビングの大画面テレビから家族でアクセスし、家具の選定や組み合わせを楽しむ使い方が想定される。

拙書の発刊についても、部門担当役員に相談したところ快諾していただいた。

  • 昨今は株式公開買い付け(TOB)事例も多く、従来以上に丁寧に経営方針を説明する必要がある。

  • その間、所属する組織も業務も変ったが、設計・開発の改革に関するテーマは継続して関わってくることができた。

  • 企業はコロナ禍を契機に、総会のバーチャル対応に直面したが、これを一過性の対応と捉えず、ネットの活用に工夫をこらしてもらいたい。




2021 mtlsb.jp