小 式 部 内侍 が 大 江山 の 歌 の 事 口語 訳 - NHK高校講座

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 十訓抄『大江山』現代語訳

大江山(古今著聞集) 原文

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 NHK高校講座

大江山(古今著聞集) 原文

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 大江山(古今著聞集) 原文

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 60.小式部内侍 大江山~

十訓抄『大江山』現代語訳

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 古今著聞集~大江山~の『口語訳』を教えて下さい。

小式部内侍が大江山の歌の事・古今著聞集 現代語訳・品詞分解

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 【古今著聞集】小式部内侍が大江山の歌の事訳お願いします!!!!↓↓↓↓↓↓↓

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 NHK高校講座

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 十訓抄『大江山』現代語訳

60.小式部内侍 大江山~ 小倉百人一首

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 【古今著聞集】小式部内侍が大江山の歌の事訳お願いします!!!!↓↓↓↓↓↓↓

口語 内侍 式 の 小 事 が 大 部 訳 江山 の 歌 十訓抄『大江山』現代語訳

古今著聞集~大江山~の『口語訳』を教えて下さい。

現代語訳と古文原文のキーワードを組み合わせた画期的な読解法。

  • 十訓抄は鎌倉中期の説話集です。

  • 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼中納言たはぶれて、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。

  • もし親がすごくて、尊敬してんのやったら、その親を超えてやれや。

唯一、下だけちょーっとのぞけたやろうか。

  • 思はずにあさましくて、6「こはいかに。

  • 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。

  • 和泉式部が、藤原保昌の妻として丹後の国に下向したときに、 京で歌合があったところ、 小式部内侍が、 歌人として(歌合せのメンバーに)採用されて歌を詠んだ際に、 藤原定頼中納言が、冗談で小式部内侍に、 「丹後へ送った使者はもう帰参したかね(丹後にいる和泉式部のもとへ使いを送って、今度の歌合せのための和歌をお母さんに代詠してもらおうと思っているんだろう。

[参りたりや] 帰って参りましたか。

  • bの現代語訳と下の漢字の読みを教えてくださ 十訓抄『大江山の歌』 このテキストでは、十訓抄の中の『大江山の歌』 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜 の現代語訳・口語訳とその解説をしています。

  • 『ふみ』にも、『手紙の文(ふみ)』と『土地を踏み(ふみ)』の二つの意味が掛け合わせられている。

  • (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「こはいかに、かかるやうやはある。

現代語訳 古今著聞集 小式部内侍が大江山の歌の事 で質問です。

  • 」 と言って、局の前を通り過ぎられたのを、御簾から半分ばかり 身を 乗り出して、ほんの少し直衣の袖を引っ張って、 [大江山を越え、生野を通って行く道のりが 京から 遠いので、 母がいる丹後の 天の橋立はまだ踏んでみたことはありませんし、 母からの 手紙もまだ見ていません。

  • (定頼は)思いがけないことであきれて、「これはどういうこと。

  • 使者は帰って来ましたか」などとからかったのだが、小式部内侍は即興でこの歌を詠んだ。

ただ・・・ 教科書には書かれてへんけど、小式部内侍はこの10年後、亡くなるねん。

  • ・ まだ … 副詞 ・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形 ・ も … 係助詞 ・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形 ・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形 ・ 天橋立 … 名詞 と詠みかけけり。

  • (いや、ない。

  • 恰幅の良い体を持て余したベテランの編集者が 「メキシコに送った依頼の手紙は返信されてきましたか?」 と書斎にいる彼女にチクリと言う。

では後半のコシャリの空想は置いておいて、内容に入っていきましょう。

  • また、この言葉を聞いたのは誰でどのように感じたか。

  • きっと無念だったろう。

  • 20巻30篇726話からなり、『今昔物語集』に次ぐ大部の 今回は、「小倉百人一首」収録和歌(歌番号 60番)の現代語訳(口語訳・意味)・品詞分解・語句文法解説・修辞法(表現技法)・作者・出典・英訳・mp3音声・おすすめ書籍などについて紹介します。




2021 mtlsb.jp