応答 せよ 1994 - 『応答せよ1994』感想とプレイバック

1994 応答 せよ 作品紹介|応答せよ1994|ドラマ公式サイト

1994 応答 せよ 韓国ドラマ「応答せよ1994 」のキャスト・あらすじ・感想・評価

1994 応答 せよ 「応答せよ1994」6つの人気の秘訣

1994 応答 せよ 韓国ドラマ【応答せよ1994】の相関図とキャスト情報

1994 応答 せよ 韓国ドラマ【応答せよ1994】の相関図とキャスト情報

1994 応答 せよ 韓ドラ 最強パパ!'応答せよ'シリーズのソン・ドンイルと娘たちが描いた家族愛

1994 応答 せよ 「応答せよ1994」さすが・・・名作!

1994 応答 せよ 【韓国ドラマ】シリーズ全作ハズレなし!『応答せよ』を今こそイッキ見せよ

1994 応答 せよ シン・ウォンホ監督「『応答せよ1994』は失敗してもともとだった」

1994 応答 せよ 応答せよ1994

シン・ウォンホ監督やイ・ウジョン脚本家など「応答せよ1997」の制作陣が再びタッグを組んだ。

  • 推理力も抜群だ。

  • Araの場合、彼女の涙に騙されたと言っても過言ではない。

  • もしかしたら似たような感情ってだけであってイコールじゃないかもだけど。

ヘテがスレギにナジョンのことを聞いた時、スレギの言葉を聞いて「でもナジョンのこと好きなのは好きなんでしょ?もし僕たちみたいに友達として出会ってたらナジョンと付き合うでしょ?ナジョンのこと受け入れますよね?」って切り返したのが本当に好きだった。

  • 主演に劣らぬ脇役「応答せよ1994」に登場する様々なキャラクターたちは生き生きとしている。

  • 正直大きな差は分からない。

  • チョン・ユミ、好きなのでこの登場は嬉しかった。

ピングレ 演:() 延世大学医学部1年。

  • 里帰りのバスとか相合傘とかもあってユンジンはてっきりヘテとくっ付くのかと思ってたけど意外だった〜!可愛い2人! 個人的に印象深かったのは12話の三豊百貨店崩壊事故です。

  • そんなチルボンにも新たな出会い?があって嬉しかったな~訛りに弱いのね……!wwwwwwwwww Araさんは『()』(って言っても1話で見るのやめてしまったけど……。

  • 「応答せよ1997」に続き「応答せよ1994」で連続ホームランを記録したのだ。

21話だと思っていたら、35話。

  • 1人で泣くところがチルボンらしくて、ナジョンがチルボンにかけた言葉が全てで……。

  • 424• 寮母として下宿人の面倒を見ているが、料理を大量に作ってしまう癖がある。

  • 本作もケーブルチャンネルながら最高視聴率11. takakoです。

また一年刻みで全員がどのように変わって行ったか(成長)が見れたのも良かったなぁ。

  • ヒロインは下宿を営む夫婦の一人娘ナジュンで、下宿には5人の男子学生が出入りしています。

  • シン・ウォンホ監督がもう一度世間を騒がせた。

  • そんな5人が久々にナジョンのマンションに集結。

過ごしてきた90年代を懐かしむ思いが込められていると思うのですが、90年代に限らず80年代でも70年代でも、青春時代は誰でも、この登場人物達と同じように、迷ったり、悩んだり、笑ったり泣いたりして過ごしたのではないでしょうか。

  • 延世大に進学したナジョンは、バスケットボール部のスター、イ・サンミンの追っかけをし、下宿では幼馴染で医学部3年のスレギや、大学生のユンジン、サムチョンポ、ピングレ、スレギ、ヘテ、チルボンら下宿生たちと生活を共にする日々を送っていた。

  • 私も気付かなかった。

  • あと偉大な力をもったのが、 実は、 超天才な医大生 という設定!!!(爆) いつもふざけた感じで頭悪そうに見えたのに。

    関連記事



2021 mtlsb.jp