黙示録 の ラッパ - 終末の時代に起こること――患難時代

の ラッパ 黙示録 「黙示録のラッパとパウロの最後のラッパは同じか?」

の ラッパ 黙示録 ヨハネの黙示録

の ラッパ 黙示録 123456789012345678901234567890

の ラッパ 黙示録 黙示録にある七つの封印と七つのラッパとは何ですか?

の ラッパ 黙示録 ラッパ(喇叭)を鳴らす7人の天使ども

の ラッパ 黙示録 123456789012345678901234567890

の ラッパ 黙示録 黙示録にある七つの封印と七つのラッパとは何ですか?

終末の時代に起こること――患難時代

の ラッパ 黙示録 聖書の7つのラッパの災害とは?あまりに恐ろし過ぎる7つの災害をわかりやすくご紹介です!

【ヨハネの黙示録】コロナウイルスは終末の前兆?

の ラッパ 黙示録 ヨハネの黙示録の天使のラッパと四騎士が世界の滅亡を暗示!

123456789012345678901234567890

の ラッパ 黙示録 黙示録の第五、第六のラッパで起きること

これらの作品群に共通する主題は 「世界を壊しにくる者から世界を守れ」というものですね。

  • 戦争の勃発、飢饉や世界的疫病の発生、地震などの大災害といった「終末の予兆」が次々に現れている最中です。

  • Rev 9:11 彼らは、底知れぬ所の使を王にいただいており、その名をヘブル語でアバドンと言い、ギリシヤ語ではアポルオンと言う。

  • そこで、誤解を恐れずヨハネの黙示録を一言で表すと、『終末予言』です。

これらが、第一、第二、第三のラッパで言い表されている災害であるとも考えられます。

  • 「太陽は火で人々を焼くことを許された。

  • Rev 9:13 第六の御使が、ラッパを吹き鳴らした。

  • 第三の鉢は、川と水の源への災いです。

15:5その後、わたしが見ていると、天にある、あかしの幕屋の聖所が開かれ、15:6その聖所から、七つの災害を携えている七人の御使が、汚れのない、光り輝く亜麻布を身にまとい、金の帯を胸にしめて、出てきた。

  • 詳しくみてみましょう。

  • そこで今回は、について簡単に解説します。

  • 終末思想ではない!という見解があることも確かですが、ここではこれを前提に話を進めます。

「一デナリ」は、日雇い労働者の一日分の給料に相当します。

  • 飢饉とは食糧難ってことですよね? 人が増えれば限られた食料は足りなくなってしまいます。

  • の発生は、終末時代への前兆だと考える専門家も存在します。

  • この作品では少女が父親などから虐待を受けて制御不能な超能力を得るようになりますが、この力は暴走して父親たちを殺害し、最後は人間の潜在能力であったという偽りで〆られています。

実は、 1986年にでもの事故が起こっています。

  • 第三の封印の幻は、ききんです。

  • 一言で言うと、どうみても、いなごが地上の生物ではなく、悪霊であると言うことです。

  • 「第四のラッパ」の幻で言われていることは、そのことかも知れません。

しかし、神はそれを望んでおられません。

  • 「その時には、世の初めから今に至るまで、いまだかつてなかったような、またこれからもないような、ひどい苦難があるからです。

  • これらの中で、多くの人が最も興味を抱いているのは、やはり「ヨハネの黙示録」の預言でしょう。




2021 mtlsb.jp