宇宙 雑学 - [宇宙の豆知識]意外と知らない「月」の話 part2

雑学 宇宙 宇宙雑学まとめ10選‼|かずバズ/ブログ

意外と知らない「宇宙の雑学」15選

雑学 宇宙 [宇宙の豆知識]意外と知らない「月」の話 part2

雑学 宇宙 意外と知らない「宇宙の雑学」15選

雑学 宇宙 宇宙雑学まとめ10選‼|かずバズ/ブログ

雑学 宇宙 宇宙雑学

雑学 宇宙 [宇宙の豆知識]意外と知らない「月」の話 part2

雑学 宇宙 [宇宙の豆知識]意外と知らない「月」の話 part2

とっても面白い宇宙の雑学・トリビア18選

雑学 宇宙 知られざる宇宙にまつわる怖〜いお話

雑学 宇宙 深海は宇宙よりも「謎」が多い。巨大化する生物や海底の声など不思議まとめ

深海は宇宙よりも「謎」が多い。巨大化する生物や海底の声など不思議まとめ

雑学 宇宙 ホワイトホールは理論上存在する。ブラックホールじゃなくて。

チューブを絞ると、歯磨き粉が飛びだして、 地上だとしたら、その歯磨き粉はそのあと下にポトンと落ちます。

  • 宇宙ステーションから捨てられたウンチは大気圏の中でさながら流れ星のように、美しい光を放って消えていくそうです。

  • しかし、地球からまだ見ぬ宇宙に思いを馳せるのも、ロマンがあって良いものですよね。

  • このようにどんな過酷な環境でも乾眠で生きれるクマムシは、宇宙でも死ぬことがないと言われています。

以前は、 ダークマターに邪魔をがなされて、 正確な測定は出来ませんでした。

  • 通常微生物は30MPaで増殖と代謝が止まり、300MPaではほとんどのバクテリアと多細胞生物が死にます。

  • 協調性がない人が1人でもいたら、えらい目にあってしまうかもしれません。

  • ほとんどすべてのものは、大気圏で燃え尽きるとのことですが、 燃えづらい素材を使用したところは、燃え尽きることなくそのまま落ちてくるかもしれないからです。

それらの中に 「多元宇宙論」と言われるものがあります。

  • 火星についての怖い話 現在はアメリカのイーロン・マスク氏などが構想している火星移住計画が話題になっていますが、 もちろん現在の技術では移住だけでなく人間が到達することさえ難しい場所です。

  • com 様々な星が存在する銀河。

  • 穴の大きさは2㎜くらいで、それ以後、 粘着テープで塞いで、ことなきを得たのです。

探査機はメチャクチャになり、 クマムシたちは、月面にばら撒かれてしまいました。

  • このようなブラックホールは、「ならず者ブラックホール」や 「裸のブラックホール」等と言われており、宇宙にいくつも存在する可能性もあるらしいです。

  • 科学技術が発展した現在でも、深海による高水圧に阻まれ、なおかつ深海調査が可能な潜水艇などの設備を備えた国が少ないなどの理由から、深海のほとんどが未知の領域となっています。

  • 重さのために引き上げることが難しく、この隕石の詳しい調査はできませんでした。

ということは、 私たちが想定している宇宙は、宇宙全体のごく一部なのかも知れない。

  • 深海生物が巨大化する現象を「深海巨人症」と言いますが、なぜ巨大化するのか理由は未確認です。

  • 歯磨き粉をイメージしてみたらいいと思います。

  • それからの調査の結果は、公表されていないのですが、何とも、 きな臭い事件ですよね。

月まで歩くと44年かかる 地球から月までの距離は38万㎞あり、歩くスピードに換算すると44年で到着できます。

  • なぜならば、先ほどの「情報は無くなりもしなければ作られることもない」という鉄則から、何もないところには宇宙は生まれない。

  • 「月」への関心がより一層さらに高まりそうですね^^ 理解を深め、ぜひ身近な宇宙のこれからにも注目をしてみてください。

  • こうなると、いつも不安にかられる状態になるそうです。

訓練では、よくTVなどで見かけることがある無重力空間に慣れるようにするものから、極寒の北極圏や灼熱の砂漠、嵐の太平洋といった様々な過酷な自然環境の中でのサバイバル訓練までさせられるそうです。

  • 更に宇宙ステーション内でされたおしっこは、飲み水としてだけではなく、電気分解されて酸素としても利用されています。

  • 画像:wired. そしてもう1つが 「多元宇宙論(マルチバース)」、いわゆるパラレルワールドに繋がっているという説なのだ。

  • 気温が高いために硫酸の雨は、大地に届く前に蒸発して硫酸ガスとなり、分子も分解されてしまいます。

    関連記事



2021 mtlsb.jp