ドロップ ダウン リスト - エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

ダウン リスト ドロップ 【Excel(エクセル)で作業改善】ドロップダウンリストで作業ミスをなくそう

ダウン リスト ドロップ Excelのプルダウン(ドロップダウン)リストを作成して選択入力を可能にする:Tech TIPS

ダウン リスト ドロップ Excelで基本のプルダウンリスト[ドロップダウンリスト]の作成

ドロップダウンリストで表示可能な最大項目数を設定する

ダウン リスト ドロップ ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

ダウン リスト ドロップ ドロップダウン リストを作成する

ダウン リスト ドロップ ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

ダウン リスト ドロップ エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

ダウン リスト ドロップ VBAを使ったドロップダウンリストの編集方法【仕事で使える機能を設定】

ダウン リスト ドロップ エクセル(Excel)で2つのプルダウンリストを連動しよう♩+INDIRECT関数

ダウン リスト ドロップ Excelのプルダウン(ドロップダウン)リストを作成して選択入力を可能にする:Tech TIPS

【Excel(エクセル)で作業改善】ドロップダウンリストで作業ミスをなくそう

具体的にどんなことが便利になるかというと、 リスト項目の増減に自動で対応する、 条件によってリスト内容を変化させることができるようになります。

  • ドロップダウン リストのオプションを変更する場合は、「」を参照してください。

  • 表全体(B2:D5)を選択します。

  • ここで活躍するのが前回説明した 「名前」の機能です。

Excelでプルダウンメニューを連動!名前付き範囲とindirect関数 続いて、名前付き範囲とindirect関数を組み合わせ、Excelでプルダウンメニューを連動させる方法を見ていきたいと思います。

  • 表示されたドロップボックスをマウスでクリックするとプロパティウィンドウが表示されます。

  • 便利だなー。

  • リストからデータを入力するセルを選択します。

既にドロップダウン エントリでテーブルを作成している場合、[ ソース] ボックスをクリックして、これらのエントリが含まれているセルをクリック アンド ドラッグします。

  • さて、インターネットで何かの申し込みフォームを入力するとき、住所の欄で「都道府県」を1つ選択すると、となりに その県の市区町村の選択肢が自動で出てくることってありますよね。

  • また、[ ソース] ボックスで、次のようにコンマで区切り、エントリ リストを入力できます。

  • 項目を入力したら、追加ボタンをマウスでクリックすると、項目一覧に表示されます。

入力規則を設定するセル B2 を選択して、[データ]タブの[データの入力規則]をクリックします。

  • Excel(エクセル)のプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)のリスト項目の編集 Excel(エクセル)のプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を使用したセルは、テキストの編集をすることはできないので注意が必要です。

  • [データの入力規則]を確認して対処する ドロップダウンリストを編集するには、まず[ データの入力規則]ダイアログボックスを表示します。

  • そして「元の値」に入力したリストを編集したり、別のセルやシートで作成/変更したリストを選択し直したりすればよい。

今回は、「地方」に入力されているデータに合わせて、行先で参照するリスト範囲を切り替えて表示しています。

  • ドロップダウンリスト プルダウンリスト を作成する方法:Excelの基本操作• リストにない項目が入力された場合にメッセージを表示させるには、[ 無効なデータが入力されたらエラー メッセージを表示する] ボックスをオンにし、[ スタイル] ボックスからオプションを選び、タイトルとメッセージを入力します。

  • ドロップダウンリストの設定はVBAで行うことが絶対におすすめ VBAを使わないでエクセルのツールからドロップダウンリストを設定している方が多いと思います。

  • ドロップ ダウン リストを作成した後は、本来の目的通りに動作するようにします。

ドロップダウンリストを設定したセルを選択した状態で「データ」タブの「データの入力規則」を開きます。

  • なお、ドロップダウンリストの中から選択できる項目は1つのみで、1つのセルに複数の項目を選択することはできません。

  • ここで「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認し、「元の値」欄にプルダウンリストに表示したい項目を「,(半角カンマ)」区切りで入力する。

  • INDIRECT関数を使うのがポイントです。




2021 mtlsb.jp