アンコウ テイム - アンコウ選別 10匹

テイム アンコウ Angler

テイム アンコウ アンコウ選別 10匹

テイム アンコウ 【ARKモバイル】マンタの2つのテイム方法のコツはコレだ!

マンタのテイム方法とステ振り!海の移動が陸より快適に!?

テイム アンコウ 【ARKモバイル】アンコウのテイム方法と要注意点はココだ!

テイム アンコウ Angler

テイム アンコウ 【ARKモバイル】マンタの2つのテイム方法のコツはコレだ!

Ark攻略 マンタをテイム、紹介

テイム アンコウ Ark攻略 バシロサウルス(クジラ)をテイム、紹介

アンコウ選別 10匹

テイム アンコウ アンコウの生息場所とテイム方法!真珠集めのスペシャリスト!?

テイム アンコウ アンコウ選別 10匹

テイム アンコウ 【ARKモバイル】アンコウのテイム方法と要注意点はココだ!

放置狩りはASの発動がそのまま効率ダウンにつながってしまうのでNG。

  • 渡したらすぐ離れるを意識して、襲われないようにします。

  • アンコウとは? アンコウとは深海魚の一種で海の大変深いところに生息しています 餌を誘うために頭部に光る突起物をもつチョウチンアンコウなど様々な種がおり、ARKにはその チョウチンアンコウが登場します 現生の種は通常は全長30センチ、最大のもので1メートル近くになりますがARKのアンコウは人間よりも非常に大きく軽く2~3メートルはあります 今回はその チョウチンアンコウの生息地や運用方法についてご紹介していきます アンコウの生息地 アンコウはほぼ 海の全域に生息しており、 深海で見かけることが出来ます アンコウからは 「アンコウのジェル」という専用アイテムを入手でき、燃料や主に「スタンロッド」等のクラフトに使用します 海に出るには酸素ボンベなどの潜水装備や 水中を移動できる恐竜のテイム等が充実していなければ難しいのでアンコウのテイムや狩りはかなり進んでからになります 海中は肉食の生物以外にも電気うなぎやクラゲなど危険が多いので しっかりと準備が必要です アンコウのテイム方法 アンコウは通常の気絶テイムでテイムすることが可能です 肉食なので、 生肉や霜降り肉などでテイム値を上げることが可能です 最も有効な餌は雪山の氷河等に住むペンギンの 「カイルクキブル」が効果的です 麻酔矢などで眠らせてテイムすることができますが 肉食で凶暴な為注意が必要な相手になります アンコウの運用方法 アンコウは サドル無しで騎乗することが出来るペットになっています 深海を探索するときに騎乗しているとそれだけで 周囲が明るくなるので便利です また騎乗中に 「真珠」を採取することが可能です 真珠は電気製品を作るときに必要になるアイテムで、終盤からかなり 重要な素材になっています 動画は0:43~ 下記動画はアンコウを実際にテイムして運用するまでを紹介してくださっています かなり深海が明るく、見やすくなっているのがわかります! まとめ チョウチンアンコウは戦闘力はあまり高くありませんが深海での光源としては便利なペットになっています 深海に進出して探索や拠点建築などを行う際は仲間にしておきたいペットです. テイムはできないけどもちはこべるなら有用かと。

  • その後、スタミナと移動速度を上げると、真珠採取時の快適度が上がります。

レベル上げ 強者の洞窟の恐竜はレベルが高いので経験値が多めでかつ、敵の数も多いのでレベル上げに適しています。

  • 特殊能力の光は、水中では光源としてそこまで頼りにはなるものではないが、浜などに揚がっていると非常に明るいことがわかる。

  • アンコウ目全体は原始的外見を持つので古い時代からの種と思われ、生息域も非常に広く多くの亜種も存在するほどポピュラーではあるのだが、光の届かない深海に棲み、種類によって擬態能力まで持ち、顔に似合わない高度なルアーフィッシングを行い、仕組みがイマイチ良く解らない発光体まで持つ・・・という、なかなかにミステリアスな魚である。

  • その後、スタミナと移動速度を上げると、真珠採取時の快適度が上がります。

ホタルかアカミミガメあたりでしょうか。

  • 見た目通り口の周囲にしか判定が無く、大型の敵ならばともかくメガピラニアのような小型が相手だと、上手く当たらずに背後に回られて苦戦することも。

  • 水中での手渡しテイムなんで、足が早いに越したことは無く、スキューバフィン無しだと、マンタと距離が空いてしまう場合も多いです。

  • ただし、サドルが装備できない点、どう頑張っても小型だという点がデメリット。

しかし攻撃範囲がかなり狭いのが難点。

  • もとは釣り用語で、そのまま「釣り人」を指す言葉。

  • オススメはハープーンランチャーですね! というのも、高レベルのアンコウになってくると、クロスボウ+麻酔矢では殺してしまうリスクが高くなってしまうんです。

  • こんな奴に手渡ししなければいけないので、テイム難易度は高い。

それから深海の水温。

  • 水中での距離感は難しいんだけれど、急に襲い掛かってきます。

  • ・で虹を作る事ができる 特殊効果はなく、単純に綺麗なだけ. イクチオやカメでは戦力として不安ですが、メガロドンをテイムして護衛につけられるなら、まあ大丈夫でしょう。

  • もちろん、中に居るイエティやホッキョクグマ、プルロヴィア等の怖い先輩方への挨拶は忘れずに…、いや、やっぱりしないほうがいいです。

アンコウの卵は陸に置くと消えてしまうのでブリーディングなどで注意してください。

  • これは特にマンタで起こりやすく、追従命令等で陸側に移動してくる場合、そのまま死亡してしまうケースも…。

  • 多すぎると、逆に分かり辛くなるけどね…。

  • また、海中にも多く居て、バシロサウルスの取り巻きとしても大量に見ると思います。

またはバシロサウルス等の安全な大型ペットに乗って、深く潜る方法があります。

  • 5 -• また、高レベルになる程クロスボウでの昏睡が絶望的になる。

  • アイテムは アンコウのジェル、深海にいるアンコウがドロップするので先に深海でアンコウを狩らなければならない。

  • あとは、自衛用に少し近接攻撃力を上げると安心ですね。

こちらはサバイバーが陸上からライフルを使えるのも利点。

  • 重量は…真珠自体が軽いこともあり、そこまで必要ありません。

  • アンコウは深海にのみ生息していて、浅い海には居ません。

  • 昏睡までの使用武器 レベル1 レベル80 レベル150 クロスボウ+麻酔矢 6発 33発 死亡率11% 57発 死亡率19% ハープーンランチャー +麻酔スピアボルト 3発 18発 30発 ちなみにアンコウは気絶値の回復が早く、攻撃ミス等の状況によって、必要弾数は大きく変動します。




2021 mtlsb.jp