結合 テスト - 結合テストとは?実施の目的や観点などを紹介

テスト 結合 結局、結合テストは何をすればいい?結合テスト仕様書作成の観点

テストチームによる結合機能テストの実施(3/3)

テスト 結合 テストチームによる結合機能テストの実施(1/3)

テスト 結合 テストチームによる結合機能テストの実施(1/3)

テスト 結合 結合テストと総合テスト

単体テスト・結合テスト・総合テストの違い、観点や注意点を簡単に説明する

テスト 結合 ITa(内部結合テスト)とは

結合テスト(けつごうてすと):情報マネジメント用語辞典

テスト 結合 テストチームによる結合機能テストの実施(1/3)

単体テストと結合テストについて教えて下さい。 単体テストとは…

テスト 結合 結合テストと総合テスト

テスト 結合 結合テストと総合テスト

テスト 結合 テスト実行者が漏れなく、ダブりなく、結合テストを進めるには

ソフトウェアテスト

テスト 結合 テストチームによる結合機能テストの実施(3/3)

テスト実行者が漏れなく、ダブりなく、結合テストを進めるには

ここでは代表的な手法である、「ブラックボックステスト」と「ホワイトボックステスト」について紹介します。

  • 以上がテスト手順書作成のポイントである。

  • 結合テストの進め方 1.結合テスト開始条件 すべてのモジュールの単体テストが完了していることを確認します。

  • 例) テストシナリオ:受注情報を画面で確認する テストケース: 1. テスト設計がカギとなる 結合テストの成果物は機能テストが完了したアプリケーションとなります。

ところが、実業務では入力データにも様々なバリエーションがあり、実行される処理も単純なものばかりではなく複雑な条件分岐が用意されているものですので、システムでは、それらすべての処理が実現されることが要求されます。

  • インターフェーステストは結合テストとして一般的にイメージされることが多く、「連結テスト」とも呼ばれます。

  • 内部結合テスト サブシステム内の機能間連携について不具合を検出する。

  • この場合、一覧画面から詳細画面に遷移する際に、詳細画面を表示するためのパラメータが一覧画面から渡されているはずである。

コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。

  • この機能テストからは、プログラマーではなく、テスターによって実施するほうが望ましいです。

  • お客さまが使うときと同じような状況で動かしてみたり、たくさんお仕事をさせてみたり、 そのシステムが本当の意味で完成したかのかな? って確認するテストです。

  • 内部結合テストは、サブシステム内の機能連携の観点で確認し、外部結合テストは、サブシステム間や他システム間の機能連携の観点で確認していく。

結合テストは、機能を結合した状態でデータのやり取りや動作が適切に行われるかなどについて確認します。

  • モジュール単体では完璧に動くものでも、それらを結合すると不具合が起きる可能性があります。

  • 例えば、モジュール間のインターフェース部分でのバグの場合、どちらのモジュールのバグなのか、正しく判断しなければなりません。

  • ・各テスト工程のテスト概要 ・テストケース数と不具合数 (不具合発生率) ・不具合の改修状況 ・不具合の原因と傾向分析と対策 など これらのテスト結果を報告し、「当システムは要件を満足していると考えております」と顧客に説明することになるのだ。

そもそも開発プロジェクトは、そのような有り余った時間を持っていないことが通常です。

  • 以下、それぞれのテストの概要を紹介します。

  • また想定以上に多くのバグが発見される可能性があることから、スケジュールに余裕を持って行うことが推奨されます。

  • そして、パターンごとの結果も全て示しておく必要があります。

テストスケジュール 各テストシナリオの実施スケジュールを記載する。

  • また、各テストフェーズの中で、この機能テストが最も不具合が出やすく、プログラマーは不具合修正に専念できる、というメリットもあります。

  • 時間切れになったから、次の工程に進める、ということは行わず、各工程の成果物が品質の基準を満たしていることを確認して、次の工程に進めます。

  • これは、担当者のミスというよりは、不具合管理(課題管理)に問題がある場合が多い。

テストパターンでは、パターンに漏れがないように、全てのパターンを洗い出します。

  • パターンについては、全てを網羅する必要があり、パターン漏れは許されません。

  • 資料ダウンロード. このように上位モジュールが開発しきれていない場合には、「ドライバ」と呼ばれる上位モジュールの機能を代替するモジュールを作成し、下位モジュールの動作に必要な値を出力させてテストを進めます。

  • 例えば、基本設計フェーズに根本的な原因があるようであれば、該当の設計書をチェックしなおすこともある。

以下、それぞれの手法の概要を紹介します。

  • 本来は、こういった機能は要件定義や基本設計フェーズで洗い出すべきであるが、検討が漏れる可能性がある。

  • 発生原因や傾向の分析をしないまま場当たり的な対処しかしていないと、いつまでたっても収束しないということになりかねません。

  • また、単体テストのときに、モジュール間で受け渡すサンプルデータをやりとりすることで、インターフェースの仕様の確認もできます。




2021 mtlsb.jp